Product Overview

新発売!!
LabSat 3 Wideband - GNSS L1, L2, L5記録再生システム



LabSat3 WIDEBAND は、L1、L2、L5等の RF信号の記録・再生を行うことができるGNSSレコーダーです。
従来のLabSat3 よりも、より広い範囲の帯域(L1 ~ L5)のGNSS信号が記録再生することができるようになりました。
記録する周波数帯はユーザーによって任意に設定することができます。最大3つまで中心周波数を設定することができ、さらに指定した中心周波数に対して帯域幅を指定することができます。帯域幅は10MHz, 30MHz, 56MHzの中から選択できます。
この機能により、ユーザーは記録したい周波数帯を自由に指定して、実験を行うことができます。

本体には、SSDとバッテリーが内蔵できるように設計されていて、蓋をあけて簡単に交換することが可能です。 バッテリーは2時間の連続使用が可能です。
また、外部入力として、CAN x 2 、RS232、デジタルパルスを最大4ch同時に記録再生することができます。

記録可能なGNSS信号

GPS:  L1  /  L2  /  L5
GLONASS:  L1  /  L2  /  L3
BeiDou:  B1  /  B2  /  B3
QZSS:  L1  /  L2  /  L5
Galileo:  E1  /  E1a  /  E5a /  E5b  /  E6
SBAS:  WAAS, EGNOS, GAGAN, MSAS, SDCM
IRNSS:  L5 

最大3つまでの中心周波数を自由に設定することができます。
指定した中心周波数に対して帯域幅を指定することができます。帯域幅は10MHz, 30MHz, 56MHzの中から選択できます。(付属のアンテナが対応していない周波数帯域の場合、アンテナはユーザー側でご用意ください。)

各衛星信号の周波数は、こちらを参照してください。



記録可能な外部信号

外部信号入力は、CH1 ~ CH4まで用意されています。以下の中から指定ができます。

CAN1 : CAN 1系統を丸ごと記録します。
CAN2 : CAN 1系統を丸ごと記録します。
RS232 : シリアル 1系統を丸ごと記録します。
デジタル1 : デジタルパルス信号を記録します。
デジタル2 : デジタルパルス信号を記録します。
( 1PPS : 1パルス/sの信号を出力します。)



特徴

  • 56MHzという広い帯域の記録が可能

  • 中心周波数を自由に設定可能 (3チャンネル)

  • PC接続なしで利用可能

  • ポータブル、コンパクト設計 (167mm x 128mm x 46mm, 1.2kg)

  • 交換可能なSSDと内部バッテリー

  • 簡単操作

  • 内部バッテリーで2時間の連続動作可能




製品仕様

         LabSat3 Wideband
対応する衛星 GPS L1, L2, L5; Galileo E1, E5a/b, E6; GLONASS L1, L2, L3; BeiDou B1, B2, B3; QZSS L1, L2, L5; IRNSS L5; In Band SBAS等ユーザーが自由に設定可能です。
出力信号レベル -73 dBm
(-73 dBm ~ -160 dBmの範囲で調節可能)
RFチャンネル 最大3チャンネルまで利用可能
RF CH1 中心周波数 自由に設定可能
RF CH2 中心周波数 自由に設定可能
RF CH3 中心周波数 自由に設定可能
記録できる衛星数 見えているものすべて
サンプリング周波数 10.23 MHz, 30.69 MHz, 60 MHz
(量子化の設定に依存)
帯域幅 10 MHz, 30 MHz, 56 MHz 
量子化 1 bit (I&Q)
(RFチャンネル数を1chに制限した場合は、2bitもしくは3bitの利用が可能)
データフォーマット I & Q
外部入力 2x CANチャンネル, 4x デジタルパルス, 1x RS232
の中から最大4ch利用可能
内蔵バッテリー
の交換
Yes
記録媒体 1TB SSD
4GB SDカード(ファームウェアアップデート用)
アクティブアンテナへの供給電圧 3.3 V
基準発信機 10 MHz OCXO
温度安定性 +/- 0.05 ppm、 周波数安定性 +/-0.3 ppm(納入時)
電圧動作範囲 8v ~ 30 VDC
サイズ 167 mm x 128 mm x 46 mm
重さ 1.2 kg

LadSat3はアクティブアンテナで使用することを想定して設計されています。 そのため、記録されたデータをLabSat3から再生する場合、信号出力は-73dBmに増幅されて出力されます。 内部のアッテネーターを利用することで、-160dBmまで信号出力を下げることが可能です。

LabSat3はパッシブアンテナを利用する試験でも使用可能です。 パッシブアンテナで記録したデータも、再生時には-75dBmまで増幅されて出力されますので、内部アッテネーターを利用して -110 ~ -120dBm程度まで下げて使用してください。 これにより、実際の信号出力レベルに近い条件でテストをすることが可能になります。


[LabSat 3 Wideband カタログ_英語]
[LabSat 3 Widebandマニュアル_英語]

本製品はデモ機のご用意があります。





LabSat3 - GNSS L1 記録再生システム


LabSat3 は、衛星信号のL1 RF信号の記録・再生を行うことができるGNSSレコーダーです。
記録されるデータは、マルチパスや障害物の影響・大気 の影響などを受けている実際の衛星信号です。衛星数の制限もなく、その時にあるすべての衛星信号が記録 されます。


記録したデータはいつでもLabSat3 を通じて出力することができるため、オフィス居ながら様々なシチュエーションテスト を実施することができます。また、同じデータを繰り返し再生することができるため、開発中の製品のエラー調査や動作 確認などを非常に効率的に行うことが可能です。

加えて、LabSat3は高速デジタルポートを備えており、CAN-Bus信号もしくはRS232信号、デジタルパルス信号を同時に記録・再生することができます。
(注:デュアル・トリプルチャンネルモデルのみ対応しています。 シングルはアップグレードオプションです。)
これにより、LabSat3はシミュレーターとして効率的な業務環境を提供します。


特徴

  • GPS L1, GLONASS L1, Galileo E1, BeiDou B1, QZSS and SBAS での利用が可能

  • 小型軽量なアルミボディ

  • PC接続なしで利用可能

  • ポータブル、コンパクト設計

  • 簡単操作

  • シングル、デュアルもしくはトリプルチャンネルモデル

  • 内部バッテリーで2時間の連続動作可能




使用方法


LabSat3はアンテナで衛星信号を受信します。 
その信号から位置情報を計算するのではなく、LabSat3は生の信号(RF信号)をそのまま高い周波数でSDカードもしくは外付けハードディスクに記録します。
記録した信号を再生する場合は、LabSat3のRF Outputのコネクタと開発中の製品のGPSアンテナコネクタとを接続します。
信号を再生すると開発中の製品は衛星信号を受信して、衛星捕捉を始めます。 
衛星信号を再生させると、記録時と同じ走行ルートを同じ時間に移動していることが確認できます。

記録・再生の開始停止の操作はワンタッチで行うことができます。
また、バッテリー内蔵で持ち運びも簡単です。Labsat3は使い方を覚える必要もなく、すぐに利用することができます




対応している衛星信号

LabSat3は以下の3つのチャンネルを選択的に利用することができます。

  • 1575.420 MHz - GPS+Galileo+SBAS+QZSS

  • 1602.000 MHz - Glonass

  • 1561.098 MHz - Beidou




モデル


LabSat 3には以下のモデルがあります。

RLLS03-1P
シングルチャンネル
再生のみ


以下から1ch選択

  • GPS L1/ SBAS/ Galileo/ QZSS,

  • GLONASS L1

  • BDS B1

GNSS Antenna:

なし

RLLS03-1RP
シングルチャンネル
記録&再生


以下から1ch選択

  • GPS L1/ SBAS/ Galileo/ QZSS,

  • GLONASS L1

  • BDS B1

GNSS Antenna:

  • RLACS198 Quad Constellation Antenna

RLLS03-2P
デュアルチャンネル
再生のみ


以下から2ch選択

  • GPS L1/ SBAS/ Galileo/ QZSS,

  • GLONASS L1

  • BDS B1

GNSS Antenna:

なし

RLLS03-2RP
デュアルチャンネル
記録&再生


以下から2ch選択

  • GPS L1/ SBAS/ Galileo/ QZSS,

  • GLONASS L1

  • BDS B1

GNSS Antenna:

  • RLACS198 Quad Constellation Antenna

外部入力:
  • CAN 1st

  • CAN 2nd

  • デジタルパルス

  • RS232シリアル

外部入力4chの内、2chの記録再生可能


RLLS03-3P
トリプルチャンネル
再生のみ


以下から3ch選択

  • GPS L1/ SBAS/ Galileo/ QZSS,
  • GLONASS L1
  • BDS B1

GNSS Antenna:

なし

RLLS03-3RP
トリプルチャンネル
記録&再生


以下から3ch選択

  • GPS L1/ SBAS/ Galileo/ QZSS,
  • GLONASS L1
  • BDS B1

GNSS Antenna:

  • RLACS198 Quad Constellation Antenna
外部入力:
  • CAN 1st
  • CAN 2nd
  • デジタルパルス
  • RS232シリアル
外部入力4chの内、2chの記録再生可能




外部入力


LabSat3 デュアルチャンネルモデルは、CAN、シリアル、デジタル信号を衛星信号と同期して記録・再生することができます。同期精度は60nsです。また、本体内部にあるGPS受信機を利用して、1PPS信号を出力することも可能です。





製品仕様

■ LabSat 3 トリプルチャンネル ■

  • 衛星信号: GPS/Galileo/SBAS/QZSS, GLONASS, Beidou から2チャンネル

  • 信号出力レベル: -73dBm to -105dBmの範囲で調整可能

  • RFチャンネル: 3

  • RFチャンネルの中央周波数: 1561.098/ 1575.4/1602.00 MHZ

  • 衛星数: 視野範囲すべて

  • サンプル周波数: 16.368MHz

  • バンド幅: 9.66 MHz

  • 量子化: 3チャンネルの場合は1-bit, 1チャンネルの場合は2-bit

  • データフォーマット: I & Q

  • 外部入力チャンネル: CAN, RS232, デジタルパルスから2チャンネル

  • 取り外し可能なバッテリー

  • 付属メモリー容量: 32Gb SD card & 500Gb USB HDD

  • アクティブアンテナ供給電圧: 2.85 v

  • 参照周波数発振器: 16.368MHz Temperature controlled +/- 2.5 ppm もしくは OCXO(オプション)

  • 動作電圧: 8v to 30VDC

  • サイズ: 167mm x 128mm x 43mm

  • 重量: 960g バッテリーあり (910g バッテリーなし)



■ LabSat 3 デュアルチャンネル ■

  • 衛星信号: GPS/Galileo/SBAS/QZSS, GLONASS, Beidou から2チャンネル

  • 信号出力レベル: -73dBm to -105dBmの範囲で調整可能

  • RFチャンネル: 2

  • RFチャンネルの中央周波数: 1561.098/ 1575.4/1602.00 MHZ

  • 衛星数: 視野範囲すべて

  • サンプル周波数: 16.368MHz

  • バンド幅: 9.66 MHz

  • 量子化: 2チャンネルの場合は1-bit, 1チャンネルの場合は2-bit

  • データフォーマット: I & Q

  • 外部入力チャンネル: CAN, RS232, デジタルパルス

  • 取り外し可能なバッテリー

  • 付属メモリー容量: 32Gb SD card & 500Gb USB HDD

  • アクティブアンテナ供給電圧: 2.85 v

  • 参照周波数発振器: 16.368MHz Temperature controlled +/- 2.5 ppm もしくは OCXO(オプション)

  • 動作電圧: 8v to 30VDC

  • サイズ: 167mm x 128mm x 43mm

  • 重量: 960g バッテリーあり (910g バッテリーなし)



■ LabSat3 シングルチャンネル ■

  • 衛星信号: GPS/Galileo/SBAS/QZSS, GLONASS, Beidou から1チャンネル

  • 信号出力レベル: -73dBm to -105dBm の範囲で調整可能

  • RFチャンネル: 1

  • RFチャンネルの中央周波数: 1561.098/ 1575.4/1602.00 MHZ

  • Number of Satellites Observed: 視野範囲すべて

  • サンプル周波数: 16.368MHz

  • バンド幅: 9.66 MHz

  • 量子化: 2-bit もしくは 1-bit

  • データフォーマット: I & Q

  • 外部入力チャンネル: なし  (追加オプション)

  • 取り外し可能なバッテリー

  • 付属メモリー容量: 32Gb SD card & 500Gb USB HDD

  • アクティブアンテナ供給電圧: 2.85 v

  • 参照周波数発振器: 16.368MHz Temperature controlled +/- 2.5 ppm もしくは OCXO(オプション)

  • 動作電圧: 8v to 30VDC

  • サイズ: 167mm x 128mm x 43mm

  • 重量: 960g バッテリーあり (910g バッテリーなし)


LadSat3はアクティブアンテナで使用することを想定して設計されています。 そのため、記録されたデータをLabSat3から再生する場合、信号出力は-73dBmに増幅されて出力されます。 内部のアッテネーターを利用することで、-105dBmまで信号出力を下げることが可能ですが、それよりも下げたい場合は、外部アッテネーターを使用してください。

LabSat3はパッシブアンテナを利用する試験でも使用可能です。 パッシブアンテナで記録したデータも、再生時には-75dBmまで増幅されて出力されますので、内部・外部アッテネーターを利用して -110 ~ -120dBm程度まで下げて使用してください。 これにより、実際の信号出力レベルに近い条件でテストをすることが可能になります。



[LabSat 3 カタログ_日本語]
[LabSat 3 マニュアル_日本語]

本製品はデモ機のご用意があります。





SatGen software V3


SatGenソフトウェアは、GPS, GLONASS, BeiDou L1信号のシミュレーションファイルを作成することができるソフトウェアです。世界中すべての場所・日時で動的なシミュレーションファイルを作成することができるので、海外向けGPSデバイスを検査する際に有効なツールです。


例えば、日本に拠点を置いて、ドバイ向けに発売する商品を開発しなければならないとします。 SatGenソフトウェアは、Google Earth等を利用して容易にドバイ付近のシミュレーションファイルを作ることができるので、日本にいながら製品の動作確認テストを行うことができます。





また、その開発製品が過酷な動的条件で使用されるのであれば、SatGen ソフトウェアを利用して更に過酷なシミュレーションファイルを作成し、開発中の製品がどのような結果を示すのかテストすることができます。 例えば、30,000フィートを垂直に上昇して、そのまま落下することもシミュレートできます。



シミュレーションファイルのの作成は非常に簡単です。 GGAデータを含むNMEAファイルがあればそのままソフトウェアにインポートすることもできますし、Google Earthを利用して作成することもできます。 また、SatGenソフトウェアのコマンド入力を利用する方法もあります。 


Google Earthを利用してシミュレーションファイルを作成する場合は、'Add Path' 機能を使用します。この機能はGoogle Earthの無料版に含まれていて、通りたい経路にポイントを入力するだけです。




次に、その経路をGoogle Earthの'.kml' ファイルとして保存して、直接SatGenソフトウェアへインポートします。 ソフトウェアは、経路のポイントを自動的に補間し、また滑らかな経路へと補正します。 その後、事前に設定を行ったジャークレート、加速度、コーナーリングフォース(横加速度)、最高速度情報を元に実現可能なNMEA形式(GGAメッセージ)の軌跡ファイルを自動的に作成します。




このシュミレーションファイルの作成は、操作が簡単で非常に短時間で行うことができます。 SatGen ソフトウェアは現実的で運転可能な軌跡を自動的に生成するので、わずか数分後で都市を通る複雑なルートを定義できます。


一旦、経路と速度のプロファイルが定義されるとSarGen ソフトウェアはLabSat 3 で再生できるバイナリーファイルの作成を始めます。 このファイルの作成は自動ですが、完成するまでにかなりの時間が必要となります。必要な時間はシミュレーションファイルの長さやパソコンのスペックによって異なりますが、数時間から丸一日かかります。


下の画像はロンドンの'klml' ファイルをSatGenソフトウェアにインポートした後の状態です。 経路のポイント不足は自動的に補完され、コーナーは緩やかな動きへと補正されます。 これにより、GPS の信号を乱す突然であり得ない動きが無くなります。




また、経路と速度のプロファイルは、ソフトウェアに設定されている運転モードにて、現実に近い動きを自動的に設定します。


シミュレーションファイルを作成する別の手段は、下に示されているような、テキストウィンドウでコマンドを入力する方法です。 例えば、'vel= 100@100m ' というコマンドは100mの移動で現在の速度から100km/hまで上昇させるという指示になります。 また、このコマンドを利用して、最初の位置・時間・方位・高度を定義します。 そして、そのあとの速度・方位・高度・時間・移動距離を定義していきます。