AEB, FCW Test




Vehico社のAEBテスト・ソリューションは、実際にEURO NCAPで使用されており、テスト手順書に従った適切な試験を実施することが可能です。 また、今後はJNAPなどの予防安全アセスメントにも応用していくことが可能です。



AEB試験の概要

2014年から、自動緊急ブレーキ(AEB)のシステムの査定はヨーロッパ新車アセスメントプログラム(Euro NCAP)のスター評価の一部に組み込まれることになりました。 これらのテスト結果はインターネットなどで公開され、消費者から注目されています。

事故の多くはドライバーの不注意による追突事故です。 例えば、そのような事故のシナリオにおいて、自動車メーカーでは追突事故が起こりえる可能性を運転手に警告し、それを回避することを支援するシステムを開発しています。 支援システムには前方車両衝突警報(FCW)のように運転手に視覚的に、そして音で警報を与えるものがあります。 さらに進んだ技術では、運転手の操作なしで車両が自動で減速する、自動緊急ブレーキ(AEB)というものもあります。 自動緊急ブレーキ(AEB)と前方車両衝突警報(FCW)の両方は自動緊急ブレーキシステムとして審査されています。



テスト内容

AEB(自動緊急ブレーキ)システムの試験では、前方を遅い速度で走行しているターゲット車両に評価車両を接近させ、様々な事故のシナリオをシミュレーションしなければなりません。 使用するターゲット車両は特殊なクッション製で視覚的には車両後部として見せるようにデザインされています。 このターゲット車両がレーダーなどで検知されることで、AEB(自動緊急ブレーキ)システムの試験を行うことができます。


3つのテストシナリオ

  • 評価車両が静止中のターゲットに接近するケース
    (「Car to Car Rear Stationary」、「CCRs」)
  • 評価車両が移動中ターゲットに比較的ゆっくりと接近するケース
    (「Car to Car Rear Moving」、「CCRm」)
  • 評価車両が減速度を持って移動しているターゲットに接近するケース
    (「Car to Car Rear Braking」、「CCRb」)

AEB(自動緊急ブレーキ)テストを有効な試験とするには、多くのパラメーターを許容誤差範囲で制御して、車両を運転する必要があります。 これらのパラメーターには以下のものがあります:

  • 2台の車両の速度
  • 車間距離
  • 評価車両ののブレーキ踏力
  • ターゲットの減速度
  • 2台の車両の横方向オフセット距離

これら全てのパラメーターを有効誤差範囲に収めることは、人間のドライバーでは非常に困難であり、試験の成功率が下がってしまいます。 結果として、全てのテストを終えるまでには、膨大な時間が掛かってしまいます。 
Vehico社のドライビングロボットは人間の能力では達成できないcm単位の精度で試験を実行することができます。




Vehico AEBロボットシステム

Vehico社のAEBコンプリートテストシステムは、複雑なテストが確実に成功できるようにデザインされています。

AEBコンプリートテストシステム:

  • ターゲット車両
    • ステアリングロボット(軌跡追従制御)
    • アクセルロボット
    • ブレーキロボット
  • テスト車両
    • ステアリングロボット(軌跡追従制御)
    • アクセルロボット
    • ブレーキロボット

本システムは、世界中の多くの自動車メーカーや評価機関による認可テストで利用されています。




また、別の選択として、AEBベーシックテストシステムは、一部をテストドライバーが制御を行い、AEBテストで最も難しいパラメーターをロボットが制御するようにデザインされたシステムです。

AEBベーシック:

  • ターゲット車両
    • アクセルロボット
    • ブレーキロボット
  • テスト車両
    • アクセルロボット
    • ブレーキロボット

Vehico社のAEBテストシステムは全てのパラメーターが有効誤差範囲であることを確保するために、VBOX ADASテストシステム(GPSシステム)と連動して運用する必要があります。 







運転支援(ADAS)評価

Vehico社のADAS(先進運転支援システム)テストシステムは、ADAS開発テストを確実に安全に実施できるよう設計されています。 



応用範囲

ADASシステムの開発・評価には精度の高い評価テストが必要不可欠です。 一方で評価テストの中にはテストドライバーにとって大きな危険を伴う事もあります。 Vehico社のドライブロボットシステムは繰り返し精度を確保したまま、危険なな衝突の回避試験から完全な無人運転テストまでを可能にします。 テストドライバーを危険にさらす事無く、高い繰り返し精度で評価を行うことができる理想的な評価手段です。

車両の運転支援システムはますます複雑になってきています。 最新のシステムは自車両だけでなく、周囲の道路環境や歩行者、周囲の車両も視野に入れます。 このようなシステムには、以下の様なものがあります:

  • 車線逸脱警告・レーンキープ
  • アダプティブ・クルーズコントロール
  • 前方衝突警告(FCW)
  • 自動緊急ブレーキ (AEB)
  • 死角検知システム



ADAD開発テスト

ADASシステム(先進運転支援システム)の開発の大きな課題は、様々な交通シナリオを考慮に入れることです。 車両実験やダミーでのテストは、現在そして今後も先進運転支援システムの開発や評価おいて重要な要素です。 
運転支援システムは危険な状況でドライバーを支援するようにデザインされています。 試験車両とテストドライバーは同様に危険な状況の下で、 何回も繰り返してテストされる必要があります。 さらにADASシステム(先進運転支援システム)は他の道路の利用者についても配慮する必要があるため、テストシナリオは通常、少なくとも2台の車両から成り立っています。

車速、減速度、相対距離、コーナリングの横Gのパラメーターなど、幅広い範囲の定義条件をテスト中に維持する必要があります。 Vehico社のドライブロボットシステムはこれらのテストが繰り返し同じ条件で実行されることを可能にし、またテストドライバーが危険にさらされることもなく、高い精度、繰り返し精度で効率的に評価シナリオを遂行します。



Vehico ADASロボットシステム

Vehico社ではADAS 開発・試験に最適なドライブロボットシステムを提案することができます。 
また、2台以上の車両をシンクロ制御することも可能です。