Steering Robot





Vehico社製ステアリングロボットは、非常に薄く設計されており、ステアリングホイールの後ろから取り付ける設計になっています。 そのため、エアーバックを外す必要がなく、また車両を改造する必要もなく、短時間でほとんど全ての車両への搭載が可能です。
ステアリングロボットは高い運動性を求める運転操作や、軌跡追従(オプション)を高い繰り返し精度で制御することが可能です。 

主な適用例:

  • 車両挙動試験
    • DIN ISO 7401: 2003 Frequency Response, Steering Angle Step, Sinus Wave Test
    • ISO 13674-2: 2006 On-Centre Handling Tests
    • NHTSA: J-Turn, Fish-Hook Fixed Time, Fish-Hook Roll Rate Feedback
    • FMVSS 126 / ECE R13-H Electronic Stability Control Systems: Slowly Increasing Steer (SIS), Sine with Dwell
    • Closing Radius Turn
    • Resonant Steer Manoeuvre
    • Pulse Steer
    • Embankment Rollover
  • ステアリングの開発テスト
  • ADAS / AEB テスト (他のロボットとの組み合わせが必要です)
ステアリングロボット
CS-B20
ステアリングロボット
CS-B40
ステアリングロボット
CS-B60
軌跡追従オプション 追加可能 追加可能 追加可能
トルクセンサーオプション 追加可能 追加可能 追加可能
定格トルク 20 Nm 40 Nm 60 Nm
定格トルクでの回転速度 1000°/s 1200°/s 1200°/s
最高回転速度 2500°/s 3500°/s 1600°/s
ステアリング角分解能 0.02° 0.02° 0.02°
対応ステアリングサイズ
(直径)
 25 ~ 44cm
より直径の大きなものを希望する場合はご相談ください。
電源電圧 12V 
ロボット本体重量 4.9 kg 4.9 kg 6.0 kg