Question and Answer


1. 非該当証明書は発行できますか ?


すべてのLabSat製品は輸出貿易管理令に対して非該当となります。 
非該当証明書及び項目別対比表(対象ユニットのみ)はE-mail にてお送りしておりますので、
LabSat@vboxjapan.co.jp までお問い合わせください。 

メールのタイトルに「非該当証明書の発行希望」と記載いただけるとスムーズです。






2. アメリカへの輸出輸入方法は?


<輸出>
アメリカへ試験のためLabSat を輸出する場合は、弊社から発行する非該当証明書を輸出通関業者に提出して依頼をしてください。

また、FCCN FORMを記入して、輸出通関業者に提出をする必要があります。
Harmonized Tariff Number には、「9030.84.00」と記入してください。

[FCCN FORM ダウンロード]

<輸入>
LabSat を再び日本に輸入する場合は、米国EAR規制の対象となります。 LabSat3 の該当ECCN番号は「3A992」となりますので、本番号を輸出通関業者に伝えて手続きを行ってください。



3. 中国への輸出輸入方法は?


中国に輸入する機材はCCC認証を取得していないといけませんが、LabSatはCCC認証を取得していません。
しかし、試験目的の場合はCCC認証の免除が可能です。
CCCの免除申請を行った後に、輸出手続きを取ってください。

[CCC認証とは]
CCCは、中国国家の安全を保護するため、中国の指定する製品について
製品認証に取得を義務付けたものです。製品認証を取得していない物は、中国に輸入できません。

[CCCの免除申請について]
JET(電気安全環境研究所)にて、CCC取得の免除申請の有償代行が可能です。
http://www.jet.or.jp/common/data/cooperation/ccc_menjo.pdf
他にも多くの輸出業者が免除申請の取り扱いを行っていますので、依頼する輸出業者にお問い合わせください。



4. LabSat3  推奨の外付けハードディスクは?


LabSat3は、以下のHDD, SSDで動作確認が取れています。


【メーカー】 SAMSUNG
【容量】   500GB
【型番】   T3 MU-PT500B/IT
【タイプ】  SSD

【メーカー】 Transcend
【容量】   256GB
【型番】   TS256GESD400K
【タイプ】  SSD

【メーカー】 バッファロー
【容量】   1TB
【型番】   MiniStation HD-PNF1.0U3-BBD
【タイプ】  HDD





5. LabSat3 のレンタルは可能ですか?


オリックス・レンテック株式会社にて、LabSat3 のレンタルが可能になりました。
レンタルのご要望は、オリックス・レンテック株式会社の営業窓口までお問い合わせをお願い致します。

なお、「目的の試験に対して、LabSat3 が対応できるかどうか?」の仕様の確認に関しては、弊社よりご回答させていただきますので、弊社サポート窓口までお問い合わせください。

参考レンタル価格:
LabSat 3 トリプル記録再生(OCXO付き)        1ヶ月   676,000円 (税別)





6. 校正に関して


LabSat3は、周波数による校正が行えます。
校正は国内で実施するため、校正依頼品受領後3週間で返却が可能です。
校正項目は、LabSat3の基準周波数です。
本校正は、A2LAシンボル付校正証明書が発行できます