LabSat3 Wideband - GNSS L1, L2, L5 記録再生システム


新発売!!

LabSat3 Wideband は、L1、L2、L5等の RF信号の記録・再生を行うことができるGNSSレコーダーです。
従来のLabSat3 よりも、より広い範囲の帯域(L1 ~ L5)のGNSS信号が記録再生することができるようになりました。
記録する周波数帯はユーザーによって任意に設定することができます。最大3つまで中心周波数を設定することができ、さらに指定した中心周波数に対して帯域幅を指定することができます。帯域幅は10MHz, 30MHz, 56MHzの中から選択できます。
この機能により、ユーザーは記録したい周波数帯を自由に指定して、実験を行うことができます。

本体には、SSDとバッテリーが内蔵できるように設計されていて、蓋をあけて簡単に交換することが可能です。 バッテリーは2時間の連続使用が可能です。
また、外部入力として、CAN x 2 、RS232、デジタルパルスを最大4ch同時に記録再生することができます。

記録可能なGNSS信号の一例

GPS:  L1  /  L2  /  L5
GLONASS:  L1  /  L2  /  L3
BeiDou:  B1  /  B2  /  B3
QZSS:  L1  /  L2  /  L5
Galileo:  E1  /  E1a  /  E5a /  E5b  /  E6
SBAS:  WAAS, EGNOS, GAGAN, MSAS, SDCM
IRNSS:  L5 

最大3つまでの中心周波数を自由に設定することができます。
指定した中心周波数に対して帯域幅を指定することができます。帯域幅は10MHz, 30MHz, 56MHzの中から選択できます。(付属のアンテナが対応していない周波数帯域の場合、アンテナはユーザー側でご用意ください。)

各衛星信号の周波数は、こちらを参照してください。



その他に記録可能な外部信号

外部信号入力は、CH1 ~ CH4まで用意されています。以下の中から指定ができます。

CAN1 : CAN 1系統を丸ごと記録します。
CAN2 : CAN 1系統を丸ごと記録します。
RS232 : シリアル 1系統を丸ごと記録します。
デジタル1 : デジタルパルス信号を記録します。
デジタル2 : デジタルパルス信号を記録します。
デジタル3 : 外部レコーダーとの同期スタートに利用できます。
( 1PPS : 1パルス/sの信号を出力します。)



特徴

  • 56MHzという広い帯域の記録が可能

  • 中心周波数を自由に設定可能 (3チャンネル)

  • PC接続なしで利用可能

  • ポータブル、コンパクト設計 (167mm x 128mm x 46mm, 1.2kg)

  • 交換可能なSSDと内部バッテリー

  • 簡単操作

  • 内部バッテリーで2時間の連続動作可能




製品仕様

         LabSat3 Wideband
対応する衛星 GPS L1, L2, L5; Galileo E1, E5a/b, E6; GLONASS L1, L2, L3; BeiDou B1, B2, B3; QZSS L1, L2, L5; IRNSS L5; In Band SBAS等ユーザーが自由に設定可能です。
出力信号レベル -73 dBm
(-73 dBm ~ -160 dBmの範囲で調節可能)
RFチャンネル 最大3チャンネルまで利用可能
RF CH1 中心周波数 自由に設定可能
RF CH2 中心周波数 自由に設定可能
RF CH3 中心周波数 自由に設定可能
記録できる衛星数 見えているものすべて
サンプリング周波数 10.23 MHz, 30.69 MHz, 60 MHz
(量子化の設定に依存)
帯域幅 10 MHz, 30 MHz, 56 MHz 
量子化 1 bit (I&Q)
(RFチャンネル数を1chに制限した場合は、2bitもしくは3bitの利用が可能)
データフォーマット I & Q
外部入力 2x CANチャンネル, 4x デジタルパルス, 1x RS232
の中から最大4ch利用可能
内蔵バッテリー
の交換
Yes
記録媒体 1TB SSD
4GB SDカード(ファームウェアアップデート用)
アクティブアンテナへの供給電圧 3.3 V
基準発信機 10 MHz OCXO
温度安定性 +/- 0.05 ppm、 周波数安定性 +/-0.3 ppm(納入時)
電圧動作範囲 8v ~ 30 VDC
サイズ 167 mm x 128 mm x 46 mm
重さ 1.2 kg

LadSat3はアクティブアンテナで使用することを想定して設計されています。 そのため、記録されたデータをLabSat3から再生する場合、信号出力は-73dBmに増幅されて出力されます。 内部のアッテネーターを利用することで、-160dBmまで信号出力を下げることが可能です。

LabSat3はパッシブアンテナを利用する試験でも使用可能です。 パッシブアンテナで記録したデータも、再生時には-75dBmまで増幅されて出力されますので、内部アッテネーターを利用して -110 ~ -120dBm程度まで下げて使用してください。 これにより、実際の信号出力レベルに近い条件でテストをすることが可能になります。


[LabSat 3 Wideband カタログ_日本語]
[LabSat 3 Widebandマニュアル_日本語]

本製品はデモ機のご用意があります。