VBOX JAPAN

VBOX JAPAN は、英国Racelogic社が開発しているテスト計測用GPSセンサー(VBOX) の日本販売代理店として誕生しました。

VBOXは2000年5月にGPS信号の民生利用が開始されて以来、様々な車両テストのノウハウを取り入れ、改良を続けているGPS製品です。 開発はイギリスのRacelogic社で行われており、欧州・北米・日本からの様々な意見が反映された製品です。 

VBOX の最新機能はすべて共通のファームウェアで管理されており、ファームウェアをアップデートすることで、最新の機能をすぐに利用することができます。
これにより、海外ユーザーの要望で追加された機能も利用できるようになり、海外製品の強みを生かしています。

VBOX は車両のブレーキ停止距離試験・衝突予防試験(FCW, LDWS)・コーストダウン試験・ITS試験 など様々なアプリケーションで利用することができます。

製品に関するご質問や、技術トレーニング、プレゼンテーションのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。



[コロナウィルスによる営業状況・感染防止対策について:2020年11月24日更新]

通常通り営業しております。 営業時間(9:00-18:00)
できるだけ営業時間内にお問い合わせ頂けると助かります。


1. 健康管理
毎日 就業前に 発熱や風邪の症状の有無を確認しています。 37.5℃以上の発熱がある従業員には、出勤しないように指示しています。
通勤は、車もしくは自転車のみに制限しています。
社内は各部屋1名までとして、人数制限をして業務を行っております。

2. 手洗い・うがいの徹底
感染症防止の有効な対策として、手洗い・うがい を従業員全員が徹底して実施しています。



[2019/4/6に発生したGPSロールオーバーに関するご案内]
2019/4/6にGPSのロールオーバー(19年ごとに日時がリセットされる現象) が発生しました。
ロールオーバーが発生してから、旧式のVBOX3iユニットで、以下のトラブルがユーザーから報告されております。
・電源を入れなおすと、GLONASS衛星の捕捉に10分以上の時間がかかる。(通常は5分程度)
・電源を入れなおすと、GLONASS衛星を捕捉しない。
・上記が原因で、デュアルアンテナ測位ができない。(デュアル測位には、GPS 4個+GLONASS 1個が必要)
・上記が原因で、RTK測位ができない。(RTK測位には、GPS 4個+GLONASS 1個が必要)

これらの症状は、コールドスタート(LOGボタン5秒以上長押し)をすることで、正常に動作するようになります。
電源入れ直しの度に、毎回コールドスタートが必要な場合は、ロールオーバーの影響を受けているため、内部のGPS受信機のプログラムを修正する必要があります。

ロールオーバーの影響が疑われる症状が発生した場合は、お手数をおかけしますが、弊社までご連絡いただけますようお願い申し上げます。(プログラムの修正は、弊社にて無料で実施しております。)

追記:
VBOX3i V4 以前のユニットは、ロールオーバーのプログラム修正が必要です。
VBOX3i V5 以降のユニットは、ロールオーバーのプログラム修正は不要です。

ロールオーバーのプログラム修正がされている場合は、VBOX setupでGPS informationからバージョンを確認すると、「4.7 Feb,21, 2019 p10」となっています。








お問い合わせ先



TEL 045-475-3703    FAX 045-475-3704
受付時間 9:00〜18:00 (土日祝日を除く)



VBOX,VIPS製品に関するお問い合わせ
E-mail   vboxsupport@vboxjapan.co.jp


Vehico 製品に関するお問い合わせ
E-mail   vehicojapan@vboxjapan.co.jp


LabSat 製品に関するお問い合わせ
E-mail   LabSat@vboxjapan.co.jp



製品情報

位置精度2cm のRTK-GPS を利用して、車間距離や白線逸脱距離を測定するVBOX計測システムを紹介しています。 様々な運転支援システムの評価に利用することができます。



トンネル等のインドア空間で車両位置を2cmの精度で計測することのできるシステムです。車両速度の計測も可能です。
また、屋外のGNSS計測からインドアの位置計測へシームレスに切り替えることが出来ます。車両専用の計測システムです。



VBOX は高い精度で速度/距離を測定することのできるGPSセンサーです。 GPSのコード情報を100Hz - 10Hz の高い更新レートで演算し、記録することができます。 更に位置情報や縦横加速度なども演算することができ、様々なアプリケーションで応用ができます。

Video VBOX には高性能なGPSデータロガーと高画質のビデオレコーダーが組み込まれています。Video VBOXは複数のカメラが接続でき、その映像を画面に重ねて表示できます。 GPSエンジンは速度、ラップタイム、位置、縦横加速度などを測定します。

LabSat はGPS / GLONASS レコーダーです。 GPS / GLONASS 衛星からのL1 波を記録し、いつでも外部へ再生することができます。 携帯電話のGNSS機能やカーナビゲーションの開発向け機器です。



Vehico社製(ドイツ)のドライビングロボットは、ステアリングロボット、ブレーキロボット、アクセルロボットの取り扱いがあります。
VBOX と組み合わせることで、AEB試験や軌跡追従走行を行うことができます。








.