Product Overview

Video VBOX Pro



Video VBOX Pro 20Hz/10Hz Data Logger
【モデル】
Video VBOX Pro 20Hz with 20cm DGPS  

Video VBOX Pro 20Hz 4 カメラキット + 32ch CAN
Video VBOX Pro 20Hz 2 カメラキット + 32ch CAN
Video VBOX Pro 10Hz 4 カメラキット + 32ch CAN
Video VBOX Pro 10Hz 2 カメラキット + 32ch CAN
Video VBOX Pro 10Hz 2 カメラキット + 8ch CAN



Video VBOX Pro 20Hz/10Hz Data Loggerは高性能なGPSデータロガーと高画質のビデオレコーダーを組み合わせたシステムです。

Video VBOX Pro は最大4つカメラ入力を備えており、そこから取り込まれた映像データとGPSによって測定されたデータを組み合わせ、1つのビデオデータとしSDカードもしくはUSBスティックへDVD画質(MPEG4)で保存することができます。

GPS エンジンは速度, ラップタイム, 軌跡, 左右/ 前後加速度等を提供します。また、車両CANや他のセンサーからのCAN入力も行なえるよう設計されています。

収録されたデータはすべてSDカードに記録されており、後ほど解析ソフトVBOXTools、CircuitTools を使用して詳しく解析することができます。


特徴

  • 20Hz または10Hz GPS を搭載 (速度, 距離, 加速度, ラップタイム, 位置の測定をおこないます)
  • 4chのカメラ入力が可能
  • 映像の記録にはMPEG4 のエンコードを採用 – DVD クオリティー
  • 記録される映像のレイアウトを自由に設定が可能 – メーター, バーグラフ, コースマップ等
  • 車両CAN入力が可能
  • USB 2.0 インターフェース
  • RS-232 シリアルインターフェース
  • SD カードによる記録
  • 2ch のモノラル音声入力が可能
  • カメラと画面レイアウトの設定は、USB通信を通じて、画面を確認しながら行なえます)
  • 軽量アルミボディ
  • OBDIIから車両CAN入力が可能
  • 設定/解析ソフトウェアVBOXTools が付属
  • Racelogic社製VBOX オプションモジュールと組み合わせ可能
  • VBOX3i 100Hz シリーズと同期計測が可能


測定パラメーター と 精度 

  • 速度   ±0.1km/h
  • 時間   0.1s
  • 緯度・経度   10m CEP (98%)
  • 高度   12m CEP (98%)
  • 垂直速度   ±0.2km/h
  • 方位   ±0.1°
  • 衛星数   
  • 前後加速度   ±0.5%
  • 横加速度   ±0.5%
  • 移動距離   <0.05%
  • 32 x CAN入力


ソフトウェア 

Video VBOX には、画面レイアウト設定用のソフトウェアとデータ解析用ソフトウェアVBOXTools及びCircuit Toolsが付属しています。



画面レイアウト設定用ソフトウェアでは、Video VBOXで記録する画面のレイアウト設定を行います。 例えば、GPSからの速度をメータで表示されたり、サーキットの位置情報を表示させたりしながら、Video VBOXに記録されるデータを自由なレイアウトで設定します。









VBOXTools ソフトウェアは「レポート作成プログラム」のデータ処理機能を中心としたソフトウェアで、 グラフの表示やマッピング、ライブデータの表示、VBOX セットアップを行うことができるように設計されてい ます。

[詳しい説明はVBOX VBOXToolsの項目を参照ください。]







Circuit Tools ソフトウェアはVBOX Toolsのサーキット走行解析を特化させたソフトウェアです。 多数のサーキットコース情報が登録されていて、データを読み込むだけでラップタイムやスプリットタイムを自動で計算します。

左の画像はあるサーキットコースを2回走行した際の運転の違いを解析している画面です。 中央の映像画面には1回目と2回目の映像が表示されています。 右下のグラフ画面では、速度プロファイルと1回目と2回目の走行でのタイム差(デルタT )が表示されています。

Circuit Toolsで演算されるデルタT は、GPSの位置情報を基に計算されているため、その位置での正確なタイム差です。 そのため、サーキットレースやドライビングトレーニング等のアプリケーションで効果的な解析を行うことができます。

[Circuit Tools_解説ビデオ_日本語]
[Circuit Tools_マニュアル_日本語]


[Video VBOX Pro カタログ_日本語]
[Video VBOX Pro マニュアル_日本語]
[Video VBOX Pro 使用方法カタログ_日本語]

本製品はデモ機のご用意があります。



車両CAN の測定

車両CANの測定機能は、VBOX 製品の1つの特徴です。
Racelogic社では、独自に自動車メーカーのCAN情報を解析して、そのデータベースファイルを作成しています。
データベースファイルは、ID非公開のファイルとなっており、VBOX製品のみで利用することが可能です。

VBOX 製品をご購入頂きますと、このデータベースファイルをダウンロードして利用することができます。

[VBOX 車両CANの測定カタログ_日本語]
[車両CAN データベースリスト (一部)_英文]





Options


Mini Input Module

Mini Input Module は8つのアナログチャンネル(0 ~ 13.5V)、2つのデジタルチャンネル、2つの温度チャンネルを入力することのできるユニットです。

[Mini Input Module カタログ_英文]
[Mini Input Module マニュアル_英文]





Micro Input Module

Micro Input Module は非常に低コストな入力モジュールです。 エンジン回転数と4つのアナログチャンネル(0 ~ 14.5V)を入力することができます。 

[Micro Input Module カタログ_英文]
[Micro Input Module マニュアル_英文]





OLED ディスプレイ (DSP04)

非常に見やすくて、明るいOLEDを採用してたディスプレイです。 表示できるパラメータは、速度・横加速度・前後加速度・ラップタイム・最大速度です。 アルミボディで操作性に優れ、完全防水のディスプレイです。

[OLED カタログ_英文]
[OLED マニュアル_日本語]



OLED ディスプレイ (DSP05)

非常に見やすくて、明るいOLEDを採用してたディスプレイです。 表示できるパラメータは、速度・横加速度・前後加速度・ラップタイム・最大速度です。 プラスチックボディの低価格ディスプレイです。機能はDSP04 と全く同じです。

[OLED カタログ_英文]
[OLED マニュアル_日本語]



4.3 インチ カメラプレビューモニター

4.3” Camera Preview MonitorはVideo VBOX のカメラの映像をリアルタイムで確認することのできるモニターです。 
Video VBOX本体の”AV OUT”コネクタに接続することで、リアルタイムでのカメラの映像を確認できますので、カメラの配置の 微調節を行うことができます。




5A Li バッテリーパック

5A バッテリーパックはVideo VBOXに5時間電力を供給することのできるバッテリーです。 再充電はわずか3時間で完了します。
重量は550gと軽量な設計になっています。







HQ1 550/580L カメラキット - 3m

画面解像度の高いVideo VBOX Pro 用のカメラです。

  • 550TV Line
  • 画角 82°
  • 防塵・防水
  • PAL もしくは NTSC の選択可能
  • ケーブル長 3m




HQ1 550/580L カメラキット - 5m

画面解像度の高いVideo VBOX Pro 用のカメラです。

  • 550TV Line
  • 画角 82°
  • 防塵・防水
  • PAL もしくは NTSC の選択可能
  • ケーブル長 10m




HQ1 550/580L カメラキット - 10m

画面解像度の高いVideo VBOX Pro 用のカメラです。

  • 550TV Line
  • 画角 82°
  • 防塵・防水
  • PAL もしくは NTSC の選択可能
  • ケーブル長 10m




125°広角カメラキット(ケーブル付き)

Video VBOX純正カメラに使用することのできる広角カメラキットです。フォーカスも手動で調節することができ、速度メーターの撮影や外界の広角撮影まで幅広く対応可能です。

本カメラはNTSCのみとなりますので、Video VBOXの純正カメラもNTSCカメラで統一してください。




カメラ延長ケーブル 2m

HQ1カメラのケーブルを2m延長することができます。







カメラ延長ケーブル 5m

HQ1カメラのケーブルを5m延長することができます。







カメラ延長ケーブル 10m

HQ1カメラのケーブルを10m延長することができます。







ログスタートストップスイッチ

データの記録の開始と停止を手元で行うことのできるスイッチです。スイッチにはUSBソケットも付いていて、USBメモリーを差し込んでデータを記録することも可能です。




カメラアダプターケーブル

外部のカメラ入力をVideo VBOXに行うためのアダプターケーブルです。 NTSC もしくは PAL 形式のカメラ入力を行えます。



AV出力ケーブル

Video VBOXのリアルタイム映像を外部モニターに出力するためのケーブルです。



OBDII コネクタケーブル

車両CANデータをOBDIIコネクタから取り込む際に必要なケーブルです。 Racelogicでは、多数のCAN ID情報を提供しています。






CAN クリップコネクタケーブル

車両CANデータをCAN ラインから取り込む際に必要なケーブルです。 クリップ部分に車両側のCANケーブルを挟むことで、CANデータを認識することができます。。




終端オープン CANケーブル

ケーブルの終端が加工されていないケーブルです。






終端オープン 電源ケーブル

ケーブルの終端が加工されていないケーブルです。






500GB 外付けHDD

Video VBOXの測定データを本HDDに記録することができます。 長時間のテストをする場合に有効です。 本オプションを使用するには、USBメモリースティックアダプターケーブルが必要となります。





ヘッドレストカメラマウント

車のヘッドレストを利用してカメラを取り付けるカメラユニットです。メータパネルのインジケーター等の記録をする際に便利です。 
(本マウントにVideo VBOX純正カメラを取り付けるには前方カメラマウントユニットが必要です。)




前方カメラマウントユニット

Sony 580Lカメラを車両フロントウィンドウに取り付けるためのマウントユニットです。




クランクベース

クランクタイプの土台です。上記の様々なマウントユニットを繋いでいくことができます。







この他にも、Racelogic製VBOX オプションモジュールと組み合わせが可能です。 詳しくはVBOX製品情報 [Inputモジュール] [IMU]のページを参考にしてください。