Product Overview

Video VBOX Lite





















Video VBOX Lite package
Video VBOX Lite 2 カメラキット + 4ch CAN

Video VBOX Lite は10Hz GPSデータロガーとアナログ画質のビデオレコーダーを組み合わせたシステムです。 ハイエンドモデルのVideo VBOX Proをベースに、一般ユーザー様向けに低価格に設計されています。 そのため、多くの機能がVideo VBOX Proと共通しています。

Video VBOX Liteは2つカメラ入力を備えており、そこから取り込まれた映像データと、GPS測定データを1つの計測データとしSDカードもしくはUSBスティックへ保存します。

GPS 計測では、速度, ラップタイム, 軌跡, 左右/ 前後加速度等を計測します。また、エンジン回転数などの車両CANを4ch入力できます。

収録されたデータはすべてSDカードに記録され、後ほど解析ソフトCircuitTools(もしくはVBOX Test Suite)ソフトウェア を使用して詳しく解析することができます。


特徴

  • 10Hz GPS を搭載 (速度, 距離, 加速度, ラップタイム, 位置の測定をおこないます)
  • 最大2chのカメラ入力が可能
  • 映像の記録にはMPEG4 のエンコードを採用 –アナログ画質 クオリティー
  • 記録される映像のレイアウトを自由に設定が可能 – メーター, バーグラフ, コースマップ等
  • USB 2.0 インターフェース
  • SD カードによる記録
  • 音声入力が可能
  • カメラと画面レイアウトの設定は、USB通信を通じて、画面を確認しながら行なえます)
  • 軽量プラスチックボディ
  • OBDIIから車両CAN入力が可能
  • 設定/解析ソフトウェアCircuit Tools が付属


測定パラメーター と 精度 

  • 速度   ±0.1km/h
  • 時間   0.1s
  • 緯度・経度   10m CEP (98%)
  • 高度   12m CEP (98%)
  • 垂直速度   ±0.2km/h
  • 方位   ±0.1°
  • 衛星数   
  • 前後加速度   ±0.5%
  • 横加速度   ±0.5%
  • 移動距離   <0.05%
  • 4 x 車両CAN入力


セット品に含まれるもの

  • Video VBOX Lite 本体
  • 12V DC シガー電源ケーブル
  • GPS アンテナ
  • SD カード
  • USB設定用ケーブル
  • 580 TVL カメラキット - 3m
  • 420 TVL カメラキット - 3m
  • マイクロフォン
  • ステレオオーディオスプリッター
  • 前方カメラマウント
  • Circuit Toolsソフトウェア



ソフトウェア 

Video VBOX Lite には、画面レイアウト設定用のソフトウェアとデータ解析用ソフトウェアCircuit Toolsが付属しています。



画面レイアウト設定用ソフトウェアでは、Video VBOX Lite で記録する画面のレイアウト設定を行います。 例えば、GPSからの速度をメータで表示されたり、サーキットの位置情報を表示させたりしながら、Video VBOX Lite に記録されるデータを自由なレイアウトで設定します。









Circuit Tools ソフトウェアは、サーキット走行の解析を特化させたソフトウェアです。 多数のサーキットコース情報が登録されていて、データを読み込むだけでラップタイムやスプリットタイムを自動で計算します。

左の画像はあるサーキットコースを2回走行した際の運転の違いを解析している画面です。 中央の映像画面には1回目と2回目の映像が表示されています。 右下のグラフ画面では、速度プロファイルと1回目と2回目の走行でのタイム差(デルタT )が表示されています。

Circuit Toolsで演算されるデルタT は、GPSの位置情報を基に計算されているため、その位置での正確なタイム差です。 そのため、サーキットレースやドライビングトレーニング等のアプリケーションで効果的な解析を行うことができます。

[Circuit Tools_解説ビデオ_日本語]
[Circuit Tools_マニュアル_日本語]


[Video VBOX Lite カタログ_日本語]
[Video VBOX Lite マニュアル_日本語]

本製品はデモ機のご用意があります。





Options


Mini Input Module (RLVDMIM01VID)

Mini Input Module は8つのアナログチャンネル(0 ~ 13.5V)、2つのデジタルチャンネル、2つの温度チャンネルを入力することのできるユニットです。

*接続ケーブルの購入が別途必要です。

[Mini Input Module カタログ_英文]
[Mini Input Module マニュアル_英文]


* Mini Input Moduleと車両CANは同時に接続することができません。どちらか一方のみとなります。


Micro Input Module (RLVBMICIN01)

Micro Input Module は非常に低コストな入力モジュールです。 エンジン回転数と4つのアナログチャンネル(0 ~ 14.5V)を入力することができます。

[Micro Input Module カタログ_英文]
[Micro Input Module マニュアル_英文]

* Micro Input Moduleと車両CANは同時に接続することができません。どちらか一方のみとなります。



OLED ディスプレイ (RLVBDSP04)

非常に見やすくて、明るいOLEDを採用してたディスプレイです。 表示できるパラメータは、速度・横加速度・前後加速度・ラップタイム・最大速度です。 アルミボディで操作性に優れ、完全防水のディスプレイです。

[OLED カタログ_英文]
[OLED マニュアル_日本語]



OLED ディスプレイ (RLVBDSP05-M)

非常に見やすくて、明るいOLEDを採用してたディスプレイです。 表示できるパラメータは、速度・横加速度・前後加速度・ラップタイム・最大速度です。 プラスチックボディの低価格ディスプレイです。機能はDSP04 と全く同じです。

[OLED カタログ_英文]
[OLED マニュアル_日本語]



4.3 インチ カメラプレビューモニター (RLACS217-M)

4.3インチ カメラプレビューモニターは、Video VBOX のカメラの映像をリアルタイムで確認することのできるモニターです。 
Video VBOX本体の”AV OUT”コネクタに接続することで、リアルタイムでのカメラの映像を確認できますので、カメラの配置の 微調節に便利なアイテムです。




5A Li バッテリーパック (RLACS112M-US)

5A バッテリーパックはVideo VBOXに5時間電力を供給することのできるバッテリーです。 再充電はわずか3時間で完了します。
重量は550gと軽量な設計になっています。







580TVL カメラキット - 3m (RLACS134)

画面解像度の高いVideo VBOX Lite 用のカメラです。

  • 580TV Line
  • 画角 82°
  • 防塵・防水
  • PAL もしくは NTSC の選択可能
  • ケーブル長 3m




420TVL カメラキット - 5m (RLACS135)

画面解像度の低いVideo VBOX Lite 用のカメラです。

  • 420TV Line
  • 画角 65°程度
  • 防塵・防水
  • PAL もしくは NTSC の選択可能
  • ケーブル長 3m




125°広角カメラキット- ケーブル付き (VBJCam125+CB)

Video VBOX Liteに接続できる広角カメラキットです。フォーカスも手動で調節することができ、速度メーターの撮影や外界の広角撮影まで幅広く対応可能です。

*本カメラはNTSCのみとなりますので、Video VBOXの純正カメラもNTSCカメラで統一してください。






カメラ延長ケーブル 3m
(RLACS099)

カメラのケーブルを3m延長することができます。







カメラ延長ケーブル 6m
(RLACS099-6)

カメラのケーブルを6m延長することができます。





ログスタートストップスイッチ (RLACS164-MUP)

データの記録の開始と停止を手元で行うことのできるスイッチです。スイッチにはUSBソケットも付いていて、USBメモリーを差し込んでデータを記録することも可能です。




カメラアダプターケーブル (RLACS136)

外部のカメラ入力をVideo VBOXに行うためのアダプターケーブルです。 NTSC もしくは PAL 形式のカメラ入力を行えます。



OBDII コネクタケーブル (RLCAB069M-3)
Video VBOX Lite (DIN 6pin) ~ OBDII

車両CANデータをOBDIIコネクタから取り込む際に必要なケーブルです。 Racelogicでは、多数のCAN ID情報を提供しています。






CANケーブル (RLCAB019M)
Video VBOX Lite (DIN 6pin) ~ D-sub 9pin

車両CANデータをD-sub 9 pinから取り込む際に必要なケーブルです。 Racelogicでは、多数のCAN ID情報を提供しています。






OBDII 変換ケーブル (RLCAB020)
D-sub 9pin ~ OBDII

D-Sub 9pinをOBDIIコネクタに変換するケーブルです。






CAN プローブケーブル(RLVBCAB36)
D-sub 9pin ~ プローブ

車両CANデータをケーブルから取り込む際に、プローブ(針)で接続するケーブルです。 




終端オープン CANケーブル (RLCAB015M)
Video VBOX Lite (DIN 6pin) ~ 終端オープン

ケーブルの終端が加工されていないケーブルです。






終端オープン 電源ケーブル(RLCAB014M)
Video VBOX Lite (電源) ~ 終端オープン

ケーブルの終端が加工されていない電源ケーブルです。






32GB SDHCカード (VBJ-SD32GB)

Video VBOXの測定データを10時間記録することができるSDカードです。 





500GB 外付けHDD (RLACS146)

Video VBOXの測定データを本HDDに記録することができます。 長時間のテストをする場合に有効です。 本オプションを使用するには、ログスタートストップスイッチ (RLACS164-MUP) が必要となります。





ヘッドレストカメラマウント (VBJHMOUNT2)

車のヘッドレストを利用してカメラを取り付けるカメラユニットです。メータパネルのインジケーター等の記録をする際に便利です。 
(本マウントにVideo VBOX純正カメラを取り付けるには前方カメラマウントユニットが必要です。)




前方カメラマウントユニット(RLACS116)

580TVLカメラを車両フロントウィンドウに取り付けるためのマウントユニットです。






CAN入力チャンネルの増設 (RLVDLCH4)

Video VBOX Lite は、標準で4chのCAN入力を備えています。 このCAN入力は、車両CAN-Bus情報にアクセスすることで、エンジン回転数やステアリング角度、アクセル開度などの情報を読み込むことが可能になります。
CAN入力チャンネルが4つでは足りない場合に増設することができます。 Video VBOX Liteでは最大8chまで拡張できます。  




AiM 接続ケーブル
Video VBOX Lite (DIN 6pin) ~ AiM (CAN 5pin)

AiM dashboard もしくは AiM Smarty Cam システムに接続してCAN情報を取得するためのケーブルです。

本機能を利用するためには、予め上記の「CAN入力チャンネルの増設」をご購入ください。

設定方法はこちらを参照してください。





1)  製品価格は、電話もしくはメールにてお問い合わせください。

2) 本体の保証期間は1年です。

3) すべてのVideo VBOX Lite システムには、日本語マニュアル、ソフトウェアCD、5年間のサポート契約が含まれています。
サポート契約には、メール/電話での技術サポート及びソフトウェア/ファームウェアのアップデート権利が含まれます。