Moving Base System - 一般道での車間距離測定
AEB(自動緊急ブレーキ) & FCW (前方衝突警報) 評価




Moving Base System は車間距離測定を一般道で行うために開発されたシステムです。
従来の固定基地局を使用せず、先行車に移動基地局としての役割を持たせます。 これにより、周りの複数台の車両の車間距離を2cmの精度で測定するこができます。
AEB・FCWシステムなどの予防安全システムの一般道評価に利用ができます。

Racelogic社の提供するADASテストシステム(Moving Base System)は、リアルタイムで車間距離を測定することのできるシステムです。車間距離は±2cm の精度で測定できます。 システムは、VBOX3i SL-RTK 2台と車車間通信の無線機で構成されます。 
注) 白線逸脱試験(LDW)を行うには、固定基地局が必要となりますので、ご注意ください。



《測定チャンネル》

  • 車間距離

  • 車間距離 前後

  • 車間距離 横    

  • 相対速度

  • 相対速度 前後

  • 相対速度 横

  • 衝突予測時間 TTC

  • 衝突予測時間2 TTC2

  • ターゲット車の方向

  • ターゲット車の速度

  • ターゲット車の加速度

  • ターゲット車のヨーレート

  • 測位ステータス

  • 巡航時間

  • アナログ信号

  • デジタル信号

  • 車両CAN信号

  • 映像 (オプション)



《特 徴》

  • 固定基地局を設置せずに車間距離を2cmの精度で測定することができます。
    そのため、エリアの制限をされることなく車間距離の測定を行うことができます。

  • 100Hzのデータ記録機能を持っており、VBOXシステムのみで試験を完結することができます。

  • 車両CAN入力機能を持っており、アラーム発生時のフラグ信号をGPSと同期して記録できます。

  • 車間距離などの各パラメータを外部の計測システムにCAN出力することが可能です。

  • 機器の車両への搭載時間は30分程度です。

  • 車間距離やTTC(衝突までの予測時間) などのチャンネルはソフトウェアが自動で計算を行います。

  • Video VBOX と組み合わせることで、映像を同時に記録することができます。



《サンプルデータ》

次のグラフはVBOXで測定したデータのサンプルです。データは高速道路を走行したものです。
評価車両の車速は赤色、先行車両の車速は緑色で表示されています。 
2台の車両の車間距離は青色で表示されています。

 


上記グラフにはSolution Type (黒色) と呼ばれるGPSの測位情報も表示されています。 
値が"4"の場合、2台の車両間で2cmの精度が出ていることが保障されています。
値が"1" に落ちている箇所は、障害物などにより測定精度が下がった箇所です。精度は6mに劣化します。
Moving Base Systemでは、周りの環境によって精度が変化するため、測位情報を見ながらテストを実施する必要があります。

Video VBOX を利用すると、映像も同期して記録することができます(下図)。
映像データはGPSデータと同期されているので、映像に衝突警告インジケーターなどを記録することで、点灯時の車間距離や衝突予測時間を確認することができます。






《ダウンロード》

右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください