RTK SYSTEM


RTK測位(Real Time Kinematic GPS :干渉測位方式) は2台の受信機(1つは固定基準局、もう一つは移動局)を使用して位置測定の精度を飛躍的に向上させる測位方法です。 これによりVBOX3i SL RTK システムは2cm CEPの位置精度を提供します。  [RTK測位の詳細な説明はこちらをご確認ください]



Racelogic社の提供するRTKシステムは次の機器により構成されています。

  • VBOX3i SL RTK 100Hz
  • Differential Base Station  (固定基地局)
  • Radio Modem  (2.4GHz 特定小電力無線機)


VBOX3i SL RTK 100Hz 

VBOX3i SL RTK は、RTK測位により位置精度2cm CEPの精度を提供することのできるVBOXです。 VBOX 3i SL RTK は従来の
シングルアンテナからツインアンテナに変更され、速度や位置・距離測定だけではなく、スリップ角ピッチ角のの測定が可能になります。

また、ツインアンテナにより、
正確な車両方向を計測できるため、交差点でのITS試験やパーキングシステムの評価などの高い位置精度を求める試験も行うことが可能です。


特徴

  • 100Hz ハイスピード ツインアンテナGPSエンジン
  • スリップ角・ピッチ角の測定が可能
  • IMU 補正機能 (将来の追加機能)
  • コンパクトフラッシュカードへの記録
  • USBインターフェース
  • 4 x 24bit アナログ入力(±50V)
  • 2 x CANインターフェース
  • OBDIIから車両CAN入力が可能
  • 1 x デジタルトリガー入力
  • 2 x アナログ出力
  • 2 x デジタル出力
  • Blue thooth インターフェース
  • 設定/解析ソフトウェアVBOXTools が付属
  • Racelogic社製オプションモジュールと組み合わせ可能
  • ブレーキ停止距離精度 ±1.8cm



測定パラメーター と 精度 

  • 速度   0.1km/h
  • 時間   0.01s
  • 緯度・経度   2cm CEP (RTKモード時)
  • 高度   6m CEP
  • 垂直速度   0.2km/h
  • 方位   0.1°
  • 衛星数   
  • スリップ角  0.1°(アンテナ距離 2m の場合)
  • ピッチ角   0.25°(アンテナ距離 2m の場合)
  • 前後加速度   0.5%
  • 横加速度   0.5%
  • 移動距離   <0.05%
  • 4 x アナログ入力   
  • 32 x CAN入力   
  • 1 x デジタルトリガー入力   10ns

[VBOX3i SL RTK カタログ_日本語]
[VBOX3i SL RTK マニュアル_日本語]
本製品はデモ機のご用意があります。









Differential Base Station 【RLVBBS4RG】

Differential Base Station は、GPS の位置精度を向上させるための補正データを測定するシステムです。 補正データは以下の無線機によってVBOX3i R10G10 へ送信されます。 システムは、右の写真のようなバッテリー内蔵の本体とGPS アンテナで構成されています。 一般的に固定基地局と呼ばれ、試験エリア付近に設置して使用します。 使用中はアンテナの位置を動かすことはできません。

アンテナの取り付け位置(緯度・経度)は、手入力もしくは平均値を測定して利用することができます。 電源は内蔵LiMhバッテリーもしくは12V DC を利用できます。

[Differential Base Station カタログ_英文]
[Differential Base Station マニュアル_英文]

本製品はデモ機のご用意があります。





Radio Modem 無線機

無線機はRTK 測位において、補正データをDifferential Base Station からVBOX3i RTKへ送信するために使用します。

2.4GHz帯 - 特定小電力無線 ライセンス無しで利用できます。

本製品はデモ機のご用意があります。







市街地でのRTK測位 (ネットワーク型RTK測位)


固定基地局を使用せず、携帯電話通信を利用して補正信号を取得し、市街地などのより広域で2cm 精度を達成するネットワーク型RTK測位方法もあります。
この方式は、VBOX3iSL RTK にKDDI携帯電話モジュールを接続して補正情報を受信します。
市街地での試験に最適なアプリケーションです。

ネットワーク型RTK測位に関する詳しい説明は、ジェノバ社のWEBをご確認ください。
http://www.jenoba.jp/index.html

注) ネットワーク型・固定基地局を利用したRTK測位は、周りの環境に影響を受ける測位方式です。
近くにビルが建っていたりする場合は、2cmの精度が達成できず、40cmや3m精度に劣化します。
IMU補正を利用すると、一時的に衛星が遮断されても精度を維持することが可能です。

注) ネットワーク型RTK測位を利用する場合は、月々のジェノバ社及びKDDIへの通信利用料が発生します。




ネットワーク型RTK測位システムは次の機器により構成されています。

  • VBOX3i SL RTK 100Hz
  • VBOX Speed Sensor 10Hz
  • CP Trans SX (ボーレート 115200)  ジェノバ社から購入可能
  • CP Trans SX 接続ケーブルキット

[ネットワーク型RTK測位 カタログ_日本語]
[IMU04によるRTK補正 カタログ_日本語]

本製品はデモ機のご用意があります。