ディスプレイ



マルチファンクションディスプレイ

マルチファンクションディスプレイはバックライト付きのLCDディスプレイです。 最大4chのデータを同時に表示することができます。 
また、ブレーキ試験向けのパラメーター(停止距離・MFDD・トリガー速度など)を表示する機能を持ったディスプレイです。

表示パラメーターは以下のようになります。


一般パラメーター

  • 衛星数
  • 時間
  • 経度 (degrees minutes seconds)
  • 緯度 (degrees minutes seconds)
  • 速度 (kmh or mph)
  • 垂直速度 (kmh or mph)
  • 方位 (degrees north)
  • 高度 (meters or feet)
  • 横加速度 (g)
  • 最大横加速度 (g)
  • 前後加速度 (g)
  • 移動距離

加速試験パラメーター

  • 速度区間の走行タイム (s)
  • 指定距離の走行タイム (1/4 mile, 400m etc)

外部入力パラメーター

  • 外部温度入力
  • 外部アナログ入力
  • 外部YAW レート入力
  • 外部横加速度入力

ブレーキ試験パラメーター

  • 速度区間の走行タイム (s)
  • 速度区間の走行距離 (m or feet)
  • ブレーキトリガーON からの停止距離 (m or feet)
  • 補正停止距離 (to nearest whole 5kmh/mph)
  • ブレーキトリガーON からの停止時間 (s)
  • ブレーキトリガーON 時の速度 (kmh or mph)
  • MFDD
  • 最大前後加速度 G
  • 平均前後加速度 G

ラップタイム計測パラメーター
(分解能 0.1s)

  • 最終ラップタイム
  • ベストラップタイム
  • 現在のタイム
  • 過去20周のラップタイム
  • スプリットポイント
  • ゲート通過時の速度 (kmh or mph)
  • スプリットポイントでの速度 (kmh or mph)

[マルチファンクションディスプレイ カタログ_日本語]
[マルチファンクションディスプレイ マニュアル_日本語]


本製品はデモ機のご用意があります。

マルチファンクションディスプレイには感熱紙プリンター(RLVBACS026)のオプションが用意されており、測定結果をすぐに印刷することが可能です。。

[感熱紙プリンター カタログ_英文]

本製品はデモ機のご用意があります。




OLEDディスプレイ

VBOX Data Logger に最も適したディスプレイです。 非常に見やすくて、明るいOLEDを採用しています。 表示できるパラメータは、速度・横加速度・前後加速度・ラップタイム・最大速度です。 操作性に優れたディスプレイです。

OLED04ディスプレイは、青色のアルミ筐体です。
OLED05ディスプレイは、黒色のプラスチック筐体で低価格です。
どちらも機能は全く同じです。

[OLED カタログ_英文]
[OLED マニュアル_日本語]

本製品はデモ機のご用意があります。









タブレット ディスプレイ

タブレットディスプレイは、タブレットPC版のVBOXToolsをインストールしたディスプレイです。 スクリーンのレイアウトを自由に設定することができるため、ディスプレイの中でも最もパワフルなアイテムです。 また、タブレットPCを使ってVBOXのセットアップを行ったり、測定したデータをすぐに解析することができます。 本製品には、フロントウィンドウへのマウンティングユニットも含まれます。






ファイルマネージャー

ファイルマネージャーは、VBOX3i で使用することでファイル名の設定やログスタート/ストップを操作することのできるアイテムです。 また、ファイルマネージャーはVBOX3i の設定を行うこともできます。

[ファイルマネージャー カタログ_英文]
[ファイルマネージャー マニュアル_英文]

本製品はデモ機のご用意があります。










Speed & Route Profiler

Speed & Route Profilerは、設定したルートを設定した速度で走行するために、必要な情報を表示してくれるドライバー支援ディスプレイです。

一般公道での試験において、走行パターンの再現性を上げることを目的に開発されたディスプレイは、GPS情報から現在の車速と位置を検出して、ドライバーに次の運転パターンをシンプルに表示します。

Speed & Route Profilerは、最長で8時間までの走行パターンを記録することができ、走行パターンの設定も付属のソフトウェアを使って簡単に設定できます。

試験の終了時には、“速度の再現性である標準偏差”と“走行時間の差”をディスプレイに表示しますので、再試験の有無を その場で判断することができます。

アプリケーション: 走行燃費計測 ・耐久試験 ・タイヤ摩耗試験  等

[Speed & Route Profiler カタログ_日本語]
[Speed & Route Profiler マニュアル_英文]

本製品はデモ機のご用意があります。